お客様の声


トラウマの渦と反対向きの渦の存在を知って


マイナス思考でネガティブ過ぎる…そんな私の混乱した頭の中を、きれいに整頓してもらえる感じがありました。特に印象深いのは、人生の川の流れが壊れる形でトラウマの渦ができたとしても、そこには必ず反対向きの渦も生まれているのだという言葉です。

以前はマイナスの強い渦の中でいつまでも回っていましたが、だんだんとその渦の存在や、引き込まれそうになる感覚がわかるようになっていきました。今では自分でリソースの方を意識していくことが、自然にできるようになってきています。

自分1人では一生かかっても考え付かない視点から、優しい言葉で問いかけられるというのも、目の覚めるような経験でした。

どうしても「いい」「悪い」にこだわる傾向や、自分の価値観に縛られ、ガチガチに固まっていた私のフィルターを外してもらったことで、何度も救われました。

無意識に鍵をかけ、観ないふりをしていた心の扉を、先生との予想外の対話でパカッと開けることになり子供のように泣いた時、過去の自分としっかりとつながったと強く感じられました。過去の自分を、まるごと受け止められるようになった体験です。

どの体験も貴重で、とても大切な体験です。

 

(30代女性)

周りとの関係性にも変化が


1度話しただけで、混沌としていた私の中に、何かが見えてくるような感覚がありました。

私が変化していくことにより、周りとの関係もすこしずつ変化していったことにも新鮮な驚きがありました。

先生と話すことにより、自分の知らない自分に出会える感じがあり、どんな自分に出会えるのかがとても楽しみになっています。

 

(40代女性)

自分は変わっていける


最初は、自分のことなのに自分のことがわからず、うまく言葉が出てこない状態でした。でも、回数をかさね、じっくり自分と向き合う時間を作ってもらうことで、自分の中にあるホンネや気持ちに気づいていくことができるようになりました。自分の身体がその時々で微妙に変化しているのを体感し、自分にもっと興味を持つことができるようにもなりました。

今は、自分の気持ち次第で、自分は変わっていけるんだということを実感しています。

 

(20代男性)

人との関係の取り方が変わった


人間関係につまずき、教室に入ることもできなかった時、先生と出会いました。ゆっくりと話を聴いてもらっているうちに、自分のことへの気づきがあったり、人との関係の作り方など少しずつですが、できることが増えていきました。そのことが自信につながり、また次に踏み出すことができるようになりました。今は就職もでき、職場の人たちとの関係も、なんとかがんばることができています。あの時に話したことが、今の自分につながっています。

                                                       (20代男性)

子育てが楽になった


子育てに追われる毎日の中で、子供たちに接している時の自分に自信がなくなり、毎日が苦しいと感じるようになっていました。でも、先生と話していくうちに、「~でなければいけない」ということに、必要以上にとらわれている自分に気づきました。本当に大切にしたいと思っていることが、いわゆる「普通」と言われていることとは違っていてもいいんだと思えるようになってくることで、余裕ができ、子育ても楽になってきました。

                                                      (20代女性)

感じ方の変化にびっくり


身体に力が入り、いつも緊張して生活していることにも気づくことができませんでしたが、セッションを受けることで、どれくらい自分が日々固まって暮らしていたのかということに、改めて気づくことができました。それはとてもびっくりする体験でした。でも、セッションを重ねるうちに、緩むということがどういうことなのかということが体感的にわかり、それを許すことができるようになりました。そのことにより、なんでもない日々の変化も楽しめるようになり、それが嬉しいです。

                                                       (30代女性)

新しい人生に向かって


人生の大きな岐路に立ち、どうしていいのかわからなくなっていた時に、ここでのカウンセリングに出会いました。自分の中で混沌としていたものを吐きだしながら、じっくりと取り組む時間を取っていいんだと思ったとき、とても安心したことを覚えています。少しずつですが自分のホンネと向き合い感じていくうちに、自分の進んでいきたい方向が見え、それに自信を持って進んでいくことを選ぶことができました。とても嬉しい体験になりました。

                                                       (20代女性)

自分に優しくなれた


私は、いつもうまく動くことができない自分に対して、自分を責める気持ちばかりがありました。でも、先生と話しているうちに自分にもできていることがあることに気づけたし、なによりがんばってきた自分を認める気持ちがもてるようになっていきました。この年齢になって初めて気づくことがあったり、変化する自分を感じることができたことは驚きです。いまは自分にも優しくすることができるようになり、そのことで周りの人たちにも(特に家族)優しく接することができるようになり、とてもうれしく思っています。

                                                       (50代女性)

手放すこと


「~しなければ。」「私は母親なんだから~してはいけない。」・・・などなど。私には、たくさんの枠組みがありました。ずっと大切なものだと思い、なんとかその通りにしなければとがんばってた私ですが、実はそれが自分自身を苦しめていたのだということに気づいた時の驚きは、とても大きかったです。「本当にそれは必要なの?」「私はホントはどうしたいの?」「私は何を感じているんだろう?」・・・。

外向きだった意識を自分に向けて、自分自身に問いかけることを教えて頂き、それを面談中だけではなく、日常の中でも意識するようになってから、色んなことが(特に自分自身に関して)観えてきました。自分のことは一番自分が知っていると思っていたのに、全くわからないことに、最初はショックを受けましたが、少しずつですが、今は感じられるようになり、とても嬉しく思っています。

子供の頃にもらった教えって、全て握っている必要はないんだなぁ、もう必要のないものだと感じたものについては、手放すことも必要なんだなぁと改めて感じています。

                                                      (20代女性)

ご質問・ご相談などお気軽にお問合わせください。