2016/06/27
 マインドフルネスは、本来仏教など、東洋思想に古くから根ざしている考え方です。しかし近年、特に1990年代以降、トラウマの回復であったり、うつの治療など、広く心理学の世界にも応用されるようになってきています。...
2016/06/27
家族療法では、家族を一つのシステムとして捉え、家族内で固定化している悪循環のパターンを理解しようとしていきます。 例えば子供が不登校だった場合、その子供は、たまたまこの家族システムの中で問題を抱えた人、症状を出した人という意味のIP(患者とみなされた人 Identified...
2016/06/27
 パーソンセンタード・アプローチは、「カウンセリングの神様」と呼ばれるカール・ロジャーズが、臨床を重ねていく中で、そして彼が自身の人生を歩んでいく中で、確立したものです。ここでは少し、「人間ロジャーズ」にも触れながら、説明していきたいと思います。...
2015/11/09
現代社会は長引く不況や不安定な雇用状態など、働く人たちをとりまく環境は、年々厳しさを増しています。成果主義の導入や企業間競争の激化などによるストレス、また、それ以外にもプライベートに戻れば介護や子育ての悩みなど、社員1人ひとりが背負うストレスは計り知れません。...
2015/11/09
毎日の子育ての中で・・・ ・こどもをいつも怒鳴ってしまう。 ・こどもをどう叱っていいのか、わからない。 ・自分はダメな親のような気がして自信がない。 ・毎日こどもや夫のことで、イライラしてしまう。 ・誰かに相談したいのに、安心して相談できる人がいない。 ・こどもにどう接したらいいのかがわからない。...
2015/11/09
キャリアという言葉を聞いて、みなさんはどういったことを思い描くでしょう?「キャリア官僚」「キャリアアップをはかる」「キャリアを積む」などという言葉で言い表されるように、日本では「キャリア」という言葉を、経験であったり、職業上の地位などを表す言葉として使うことが多いように感じます。...
2015/11/09
ボディ・サイコセラピーとは、欧州で発達してきた、70年以上もの長い歴史を持った心理療法です。 このHPでも何度か、「こころと身体のつながり」についてお話してきましたが、ボディ・サイコセラピーでは、身体を精神から切り離した存在として観るのではなく、その両方を含む全人的なものとして人間の存在を観ていきます。...
2015/11/09
本来、「こころ」と「身体」はつながっています。 例えば、悲しい出来事があった時、胸が苦しくなったり、恐怖を感じた時には、身体がギュッと縮み固くなったり、うれしいことがあった時には、身体全体が広がり暖かくなったりということは、私たちが日常の生活の中でよく体験することです。...
2015/08/13
現代社会はストレスの連続で、子供から大人まで、ストレスを抱えながら毎日の生活を送っています。表面に出ている問題は単純に見えるものでも、その奥深いところに隠れているものは、複雑にさまざまな原因が絡みあっています。 また、その症状も多岐にわたっています。 ・夜眠れない。...
2015/08/13
トラウマというと、小さいころ虐待があった場合や戦争体験者、DVの被害者などを思い浮かべるかもしれませんが、実は私たちのとても身近なところにあります。ケガをした時、手術を受けた時、転倒した時、または、人間関係の中で・・・私たちは気づかないうちにトラウマを受けていることがあるのです。...

さらに表示する