自分にはトラウマがあるのでは?と感じているとき…

トラウマというと、小さいころ虐待があった場合や戦争体験者、DVの被害者などを思い浮かべるかもしれませんが、実は私たちのとても身近なところにあります。ケガをした時、手術を受けた時、転倒した時、または、人間関係の中で・・・私たちは気づかないうちにトラウマを受けていることがあるのです。

トラウマはその症状がすぐにあらわれる場合もありますが、何年も潜伏していることもあるので、自分がトラウマを受けたという自覚もなく過ごしている場合もあります。

 

トラウマを受けると自律神経系の調和が取れなくなり

常に「ON」の状態  ➡ 多動、パニック、激しい怒り、過度の警戒

「OFF」の状態 ➡ うつ、分離、生気のなさ、極度の疲労

といった症状に悩まされるようになります。

 

しかし、近年の研究により、私たちはトラウマと一生つきあう必要がないことがわかってきています。私たち自身が生まれつき持っている身体の叡智を通し、自分の内なる力で自分自身を癒していくことができるのです。

内側からわきおこる小さな感情一つひとつに注意を払い、あなたがこの感情をどのように身体の感覚として体験しているのかに気づいていくプロセスを通して、癒しは進んでいくのです。そしてそのプロセスは症状の軽減だけではなく、私たちの存在の根本的な変容へと導いてくれます。神経系は硬直からしなやかさへ、感情は恐怖から勇敢さへ、そして知覚は狭量さから受容性へと・・・。

 

当ラボでは、穏やかに身体に働きかけていく、ソマテイック・エクスペリエンスという手法を用いてセッションしていきます。

 

*ソマティック・エクスペリエンスとは?