ボディ・サイコセラピーとは?

ボディ・サイコセラピーとは、欧州で発達してきた、70年以上もの長い歴史を持った心理療法です。

このHPでも何度か、「こころと身体のつながり」についてお話してきましたが、ボディ・サイコセラピーでは、身体を精神から切り離した存在として観るのではなく、その両方を含む全人的なものとして人間の存在を観ていきます。

ボディ・サイコセラピーの創始者であるライヒは、慢性的に感情を抑圧していくことにより、筋肉はまるで鎧のように固まり、自然な感情の流れは妨げられてしまうと考えました。このことは、私たちから人間として豊かに生きていくことを奪い、心身へも影響を与えてしまいます。

言葉のやり取りだけではなく、呼吸への気づきや筋肉の緊張を緩めていくことなど、身体へもアプローチをしていくことで、私たちのこころと身体は大きく変化していきます。